TOP 商品一覧 ご注文 お問い合わせ リンク 業販
■通信販売法に関する規約 ■ご注文画面  ■ご注文の流れ ■送料について ■保証について ■FAXご注文

三線の保証について
三線は、ネック(棹)<ソー>が命と言われています。
三線に適した硬く変形のおきにくい木材を十分に乾燥させたものを厳選して加工した棹の中からさらに検査をして製作しております。また、不良品率0をめざして三線仕上げ後もさらに検査をしてお届け致しております。万一の場合を考え、お客様が安心してご購入できるよう安心保証をお付け致しております。保証期間満了後のアフターも致しております。
三線保証内容
人工皮張り三線 棹保証:適切な使用、保管において万一棹が反って場合、棹交換(1回)1年無償保証
皮保証:適切な使用、保管において万一皮が裂けた場合、皮交換(1回)1年無償保証
本皮強化張り 棹保証:適切な使用、保管において万一棹が反って場合、棹交換(1回)1年無償保証
皮保証:適切な使用、保管において万一皮が裂けた場合、皮交換(1回)1年無償保証
本皮張り 棹保証:適切な使用、保管において万一棹が反って場合、棹交換(1回)1年無償保証
皮保証:適切な使用、保管において万一皮が裂けた場合、皮交換(1回)3ヶ月無償保証
本皮張りは、皮がいずれ裂けてくるものです。保証期間を過ぎた場合でも、当店でご購入のお客様
は、皮の張替を致しますので安心です。(保証期間経過後は有料)
※尚、三線の返送料(片道分)はお客様ご負担になりますので予めご了承ください。
※適切な使用、保管:三線は、車の中や日差しが直接当たる窓際、密閉された部屋(倉庫)など、気温の変化が激しい所などに
保管するのは、避けてください。また、ケースの中に長期間収納の状態もあまりよくありません。たまには、ケースから出して空気
に触れさせましょう。三線は、水に濡らしたりしないように注意してください。特に皮の部分は、気をつけてください。
適度な乾燥、適度な湿度で普通の楽器のように大切に扱えば長年(一生)使用できます。
※本皮張り三線の場合は、特に気をつけてください。本皮張り三線は、野外でのご使用をなるべく避けてください。
本皮張り三線の皮を長く持たせる方法は、なるべく弾くことです。

お客様Q&A
三線の絃は、弾き終わったら、毎回緩めて保管するのですか?
毎回緩める必要は、ありません。うま(駒)を倒すだけで結構です。
長期間使用なさらない時は、緩めてください。
三線を野外で使用したいのですが?
野外でご使用なさる場合は、外気に気をつけてください。あまり気温が極端に寒い場合は、ご使用を避けてください。
また、雨や太陽の日差しなどが直接当たらないように十分気を付けてください。本皮張り三線は、要注意!
三線の棹を拭きたいのですが、どういったもので拭けばよろしいでしょうか?
三線の棹は、傷が付きやすいのでピアノ用のクロスまたは、メガネ拭きのような柔らかい布で拭くとよいです。

お問い合わせ
沖縄三線 琉風
http://www.ryufu.jp
info@ryufu.jp